レッドウッド・DIYウッドデッキの木匠天然100%のレッドウッドだからできる木のある暮らし。自分で作るウッドデッキDIYキット


完成記念写真


施工前の風景


束石設置で一日目終了しました


束柱・根太設置完了(二日掛かりました)


ひたすら床板張り、この日299本目
最後のビス打ち。 完成の瞬間です。


おかげさまで思ったとおりのデッキが
完成しました


2Fから見た風景


一番喜んでいるのは多分この人かも・・

京都府 M様

木匠様

5月5日 待望のウッドデッキがついに完成いたしました。
いろいろお世話になりありがとうございました。

5月2日の部材搬入は木匠様直々となりましたが 搬入いただいた時には気づかなかったのですがカーポートに置いていただいた部材の並べ方にも気配りされている事に次の日気づきました。 部材番号がすべて一方向から確認できる上、使用する順番を配慮して並べていただいていたのですね。とても使い易かったです。 搬入いただいたのは写真を拝見しますと高本さんだと思うのですが細やかな心配りに関心いたしました。作業手順も非常に分かりやすく問題なく作業できました。束柱のカットは最初手持ちの電動丸のこを使ったのですがあの太さだとうまくいかず結局のこぎりのほうが使い勝手がよかったです。それにしてもレッドウッドの軽さ、加工しやすさにはびっくりしてしまいました。あの加工のし易さがなければのこぎり一本では難しかったと思います。また 4.7mの床板2枚を家内と二人でらくらく運べる軽さは驚きでした。レッドウッドでなければこの太さ、厚み、4.7mの一枚板の床板は素人には無理だと実感しました。木匠様のこだわりの一端が理解できた気がします。とても作り易かったのですが、大きさを少しなめていたかもしれません。作業を始めて毎日よれよれで4日掛かってしまいました。そのぶん作業後のビールは格別でした。4日目の夕方完成間近の最後の20本のビス打ちは思わず家族みんなでカウントダウンしてしまいました。完成の感激はひとしおで 久しぶりで一つの仕事をやり遂げる達成感を味わうことが出来ました。ありがとうございました。
一点だけお教えいただきたいのですが レッドウッド少しヤニがでますね これは暫く風雨に晒すとると収まってくるのでしょうか。 それとも気になるようだとなにか抑える方法なぞあるのでしょうか? 対処法あればお教えいただければと思います。

ご質問のヤニについてですが、風雨に晒し、いずれ出尽くせば確かにそのうち出なくなります。
ただし、ヤニ壷が深い場合は、気温が上昇し始めるこの季節にはしつこく出てきます。その場合、抑える方法としては、カッターナイフかノミでヤニ壷を除去し、その穴を市販のウッドパテで充填し、サンドペーパー等で表面を擦るするのが最も確実です。ヤニ壷が深いか浅いかはヤニの出ている表面積では判断できません。カッターナイフ等でじっくり探ってみて下さい。又、たとえばレッドウッドの場合、板一枚に数箇所ヤニ壷が集中してみられる場合が多く、とても手作業で除去しきれないと思われる場合はご一報下さい。その一枚を交換したほうが早いかもしれません。その場合は、お写真等で判断させていただき無償交換いたします。

もう 一点 ご相談ですが 写真の右側(ウッドデッキ対面側)現在隣家建築工事に入っています。敷地境に目隠しにウッドフェンスを設置しようと思うのですが、たとえばウッドデッキ用のフェンス部材を既設の金属フェンスの支柱をうまく利用して設置する方法は可能ですか? アドバイスいただければ幸いです。

ウッドデッキ用のフェンス部材を既設の金属フェンスの支柱をうまく利用して設置するという方法については、いろいろな条件はありますが、十分可能です。お写真を拝見する限り手前の2〜3段積み上げてるブロックとそのうしろにもう数段積み上げてるブロック塀が見受けられますがM様の境界ブロックは手前の低いほうでしょうか。金属の支柱はスチールでしょうか、それともアルミでしょうか。現状の支柱高さと設置したいウッドフェンスの高さや全長、デザインも含めて、ご希望内容と資料をいただければ何らかのご提案が出来るかもしれません。遠慮なくまたご相談下さい。

今回縁あって木匠さんにウッドデッキキットをご依頼する機会を得まして本当によかったと思っております。スタッフの皆様どうか日々のお仕事頑張ってください。今回のお付き合いを通じすっかりファンになりました 今後のご活躍応援しております。

ありがとうございます。
皆様に喜んでいただけるよう これからも社員一同励んでまいります。
メンテナンスの件などどの様な事でもお役に立てる事がございましたらいつでもご連絡下さい。完成されたデッキをいつまでも大切にしていただける事を願っています。