レッドウッド・DIYウッドデッキの木匠天然100%のレッドウッドだからできる木のある暮らし。自分で作るウッドデッキDIYキット
レッドウッドを選ぶ理由
色見本
注文する
ウッドデッキをお探しの方へ
タイプ別ウッドデッキ施工例
最近のウッドデッキ施工例
木は究極の建築素材
その他の加工品
木のある暮らし

カリフォルニアレッドウッド

安全性と耐久性が高く、人にやさしく環境に配慮した木材です。


レッドウッドってどんな木?

天然木ですので「腐らない」ということはありません 。
但し、レッドウッドは「針葉樹の中では一番最後に腐る」と言えます。

カリフォルニアレッドウッドに含まれる天然の抽出物タンニン(お茶に含まれる渋みの成分に似たもの)の効果によって殺菌作用が強く、木材腐朽(ふきゅう)菌やシロアリを寄せ付けません。シロアリはレッドウッドをかじるものの、死中率が高く木材の表面をかじるだけで、木材の奥まで行きません。タンニンの殺菌作用でシロアリが食べた物を分解する微生物が死滅する為と言われています。

森林伐採をして販売している行為はエコロジーでは無いと思われますが酸素生産に関しまして申し上げますと木は成長過程にのみ酸素を生産いたします。大径木が生い茂る原始林は成長がストップし、あまり酸素を排出せずに逆に消費するといわれています。
つまり、伐採後に植林を伐採分行えば、地球上の酸素量が増えるといえるのです。カリフォルニアレッドウッドは成長率が高く(30〜40年で杉の80年級と同等)その成長過程に排出する酸素量は杉の倍に達し、その酸素量ゆえかわかりませんが、カリフォルニアレッドウッドの森には常識を逸脱する大きな生物(30cm以上のナメクジや、2mに達するシダ植物等)が独特な生態系をもっています。

次に生態系に対する影響に関しまして申し上げますと、伐採は環境を著しく急変させる為に森林環境への配慮も怠らないようにしています。カリフォルニアレッドウッド製材所(PALCO)は持続可能な森林運営(SFI)の許可をうけています。伐採の際は州政府の許可が必要であり、伐採量を上回る植林、伐採森林の水質検査・サケの放流・フクロウなどの野生動物の保護を行っています。森林環境に配慮して林道を作らずにヘリコプターでの運送を行う場合もあります。 この様に環境にも配慮され製品化された木材で尚且つ加工しやすい利点があります。

腐食シロアリから守るタンニンが優れた耐久性を生み出す

古来、日本の寺院やなどでも腐食や白蟻から守るために使用されていた”タンニン”が芯部材部に含まれていますので、一切の防腐・防虫なくして屋外で使用できるのが大きなメリットです。

薬剤を使わない安全性の高さ

”タンニン”はお茶や柿などに含まれているもので、殺菌作用と腐食を防ぐ性質をもっています。ですから、その耐久性は 他の木材と比べて非常に耐久性に優れていると同時に、薬剤を使用する必要がないので、皮膚炎や喘息など人体に及ぼす影響も心配ありません。

非常に燃えにくい

揮発性の高い油やヤニなどをほとんど含んでいないため、高い難燃性を備えています。
サンフランシスコ大地震で、カリフォルニアレッドウッドで建てた建造物は延焼を防いでいます。現在、サンフランシスコでは、唯一屋外で使用許可のデッキ材です。